ストレス性の蕁麻疹に悩むようになった

私は29歳の時に妊娠し、出産をしたのですが、その際に体に様々な変化が起こって困りました。

 

つわりも酷かったですし、下痢や便秘と言った、妊娠期に特有のポピュラーな悩みも一通り経験しました。ですがその中でも一番悩みの種だったのが、肌の変化です。

 

元々敏感肌に気を使ってはいたのですが、妊娠中はそれが顕著に過敏になりました。

 

それまで使っていた、無添加の化粧水も時々ピリピリと刺激に感じるほどでしたので、ただの温泉水のミスト化粧水に切り替えていたほどです。

 

(出産後、月経時などにはちょうどこんな風に肌が過敏になることが多くなりました)そして、蕁麻疹が頻繁に出るようになってしまいました。

 

血液型のためか、私は元々虫に刺されやすく、そして刺された際のアレルギー反応が大きくでる性質です。

 

それまでにも、化繊の肌着の摩擦や毒草のかぶれなどで様々な「かゆみ」及び「湿疹」を経験してきました。ですが、妊娠期にはちょっとした精神的ストレスが、派手な蕁麻疹として出るようになってしまったのです。

 

ある時、車で主人と移動していた時のことです。運転していたのは主人ですが、T字路で左折しようとしていたところで、右側から急に出てきた車にぶつかられそうになったことがありました。

 

主人はかっとのぼせて、私がやめてと懇願するのを無視し、その車を追跡。無茶苦茶に乱暴な運転で震え上がり、私はこの恐怖が胎児への悪影響にならないかと、おなかを抱きしめて助手席に縮こまっていました。

 

やがて夫はその車に追いすがり、停めさせてドライバーに謝らせたのですが、私は声を殺して車中で泣きたい思いでした。

 

その夜就寝中に、何だかお腹のまわりに違和感を感じ、次第にそれが猛烈なかゆみに移行したのです。

 

起き上がってよく見ると、おへそから下腹部にかけて帯状に赤い湿疹が点々と浮き上がっていました。市販のかゆみ止めジェルを塗布してみたのですが、かゆみが気になって寝不足になりました。

 

その数日後に産科の定期検診へ行ったので、その湿疹について医師に相談してみました。それ以降湿疹はひどくはならずに消えて行ったのですが、またこんなことがあるのではないかと不安になったのです。

 

医師も、これは精神的なものなので仕方がないといい、新たに低刺激のかゆみ止めを処方してくれました。

 

案の定、それからも私は様々なストレスシーンのあとに、体の各所にこの帯状の湿疹を発見することになってしまいました。実は出産後も、時おりこの突発性の蕁麻疹に見舞われることが多くなっており、困っています。